除毛は毛を溶かす!?【心配はいりません!】

除毛ってどうやってむだ毛を取り除いているのでしょうか?除毛に関することの一説によると、除毛することでむだ毛を溶かすという噂があることはご存じですか?「え!?溶かす!?こわっ!!」って思う人もいるかもしれませんね。

 

自分の細胞が溶けるだんて想像しただけでもちょっと恐くなってしまいます。ここでは、除毛と除毛でむだ毛を溶かす関係について調べていきたいと思います。

 

除毛はむだ毛を溶かす!?

 

除毛する成分の中には、確かにむだ毛を溶かす成分が入っています。どのような名前の成分かと言いますと、「チアグリコール酸カルシウム」という成分です。実は、むだ毛を溶かすという言い方をするとちょっとびっくりしてしまいますが、このチアグリコール酸カルシウムは、毛に特有の「くっつく」という作用を中断する働きがあるのです。

 

つまり、溶かすというよりかは一時的にくっついているものを切断するという言い方の方が合っているかもしれませんね。

 

チアグリコール酸カルシウムとは?

 

除毛剤や美容院のパーマをかける時の液にもほとんど入っている成分。毛特有の結合するという特徴を切断する効果をもっており、肌へのダメージがある場合がある。

 

他にも髪の結合を切断させる働きをする成分は沢山あるが、チアグリコール酸カルシウムが一番肌へのダメージが弱いとされている。

 

皮膚も溶かすの?

 

チアグリコール酸カルシウムは、毛特有のくっつくという特徴を一時的になくす働きがあることが分かりました。しかし、除毛する時にむだ毛一本一本の毛根だけに除毛剤をつけることなんて不可能ですよね。除毛する時には皮膚の上から除毛剤を塗ったりスプレーしたりすることがほとんどでしょう。

 

では、チアグリコール酸カルシウムの働きは皮膚には反応しないのでしょうか?くっつくことを中断させる働きがあるということは、肌への影響もあるのでは??と考える人も多いかもしれませんね。

 

しかし、チアグリコール酸カルシウムは毛にしか反応しないようになっていますので、肌への影響はほとんどありませんので大丈夫です。もしもそれでも不安に思うのならば使用する前にパッチテストを行ってみると良いでしょう。

 

まとめ

 

除毛に関して調べた所、除毛で毛を溶かすということは、あながち間違いではありませんでした。しかし、除毛で溶かすという言い方が少し大袈裟で実際には毛の結合するという特徴を切断する働きをさせるものでした。

 

また、肌も溶かすのでは!?という心配もありましたが、除毛に入っているチアグリコール酸カルシウムは毛にしか反応して効果を表さないようになっていますので、肌への影響は大丈夫ということが言えました。

 

とは言っても、除毛剤だってなるべく肌に優しい除毛剤を選びたいものですよね。除毛してみてもしも炎症が起きたら大変です。肌への影響を心配しているのなら、「デリーモ」という除毛剤をおすすめします。こちらは、かなり美容成分が含まれているので炎症も起こりにくいです。