除毛テープ?痛そ〜!肌に優しいのは【コレ】!

脱毛テープという名称で販売していても、実際は除毛テープというのが正しいでしょう。この除毛テープは、ドラッグストアなどで市販されているので、誰でも気軽に購入出来ますし、価格も安価です。他の除毛アイテムに比べたら断然手頃です。

 

使用方法も、除毛したい箇所に貼って剥がすだけですので、一見初めての人でも簡単に処理することが出来そうに思えます。然も此の除毛テープは、毛根をもしっかり除き取るので、次にムダ毛が生えてくるまでの期間が比較的長い、というメリットもあります。

 

とはいえ除毛テープは、毛には密着しやすいのですが、肌にくっつきにくいという弱点があります。然もテープを剥がすときに痛いですし、気合を入れて剥がさないと、痛みに耐えられないという人もいるほどです。テープの貼り方、剥がし方に失敗するとキレイに全部抜くことが出来ないこともあるとか。

 

敏感肌の人や体質的に合わない人の中には、肌が赤くなったり、痒みが出る場合もあり、肌への負担を考えると、継続して使用するにはリスクが大きいかもしれません。確かに安価ではありますが、ダメージを受けた肌を基に戻すのにも、それなりのケアが必要です。

 

また除毛テープを使用するには、ある程度の毛の長さも必要ですから、カミソリ除毛で刷り残した毛根を除毛しようとしても、上手く取れないというデメリットもあります。「安物買いの銭失い」にならない様に、除毛テープを使用する時は、パッチテストをするのは勿論ですが、以下の事も注意しましょう。

 

除毛テープの使用時の注意点

 

@同じ箇所を何度も処理しない事→無理をして毛を抜くわけですから、同じ所に繰り返し除毛テープを使うと、肌トラブルを起こすからです。A除毛する前に綺麗に洗っておく事→汚れた状態で使用すると、テープで抜いた毛穴から、雑菌などが入り込み、それが原因で炎症を起こしてしまうからです。

 

Bしっかり乾かす事→濡れているとテープが貼り辛いからです。C空気が入らない様にしっかり肌に密着させる→空気が入っているという事は、肌に密着していない証拠だからです。D貼ったら時間をおかずに直ぐ剥がす→時間が経つと、肌の温度で粘着力が弱まるからです。

 

E抜けきらないで残った毛は毛抜きで抜く→脱毛テープで処理しても、慣れないと毛が残る可能性があるのです。その時は同じ場所にテープを貼ると、肌へのダメージが大きくなるので、毛抜きで処理した方が良いのです。

 

まとめ

 

除毛アイテムとして、テープは確かに安価ですし手軽です。でも剥がす時の痛みというのは、勿論毛の長さや、毛質によって個人差はあるでしょうが、余り歓迎されないでしょう。除毛目的で貼るのではないトクホンなどの外用消炎鎮痛薬を剥がす時でさえ、かなりの痛みを感じるものです。

 

エステに行きたくても余裕はないし、除毛テープは痛いし!と思っている人に、安心・安全で然も手間暇要らずで、格安に除毛出来るアイテムの情報を提供します。デリーモ(deleMO)というホームページを検索してみて下さい。

 

デリーモ(deleMO)です!詳しい事はデリーモ(deleMO)の公式ホームページを、隅から隅までじっくりとご覧になり、自分の意思で判断してみてください。デリーモ(deleMO)という商品の価値を評価するのもしないのも、あなたの自由意思です。情報は提供しました。お見逃しなく!