除毛用シェーバーまとめ

除毛には便利なシェーバーは、剃るタイプだけではないと知っていますか?簡単に除毛ができるシェーバーのいろいろな種類や、使い方までご紹介していきたいと思います!除毛用のシェーバーのメリットやデメリットなど、まとめておとどけしたいと思いますので、興味のある方はぜひご覧になってください♪

 

除毛用シェーバーまとめ!

 

剃るタイプのシェーバー

 

こちらがいちばん一般的なシェーバーだと思います。男性の髭剃りに多かったり、女性の全身用のシェーバーとしてメジャーなものが、この剃るタイプのシェーバーですね。充電式や電池式などいろいろなものがありますが、肌正面の毛を綺麗に除毛してくれるところや、便利なところが人気のようです。

 

剃るタイプのメリット

 

  • カミソリと違って刃が直接肌に当たらない
  • 肌荒れの心配が少なくて済む
  • 小さいタイプも売られているので持ち歩きに便利。

 

剃るタイプのデメリット

 

表面に出てきている毛しか処理できないので、1日、2日後にはすぐ毛が生えてきてしまう

 

抜くタイプ

 

機械で毛をつかんで、抜くというシェーバーです。

 

抜くタイプのメリット

 

毛穴の奥からしっかりと引き抜くようにできているので、1回処理するとしばらく処理の手間がなくて済む。

 

抜くタイプのデメリット

 

毛が濃い部分、肌が薄い部分には痛みがあることもある。

 

焼くタイプ

 

毛に熱を伝えて、焼き切るタイプです。

 

焼くタイプのメリット

 

  • 表面に出ている毛を焼き切るので、痛みはない。
  • 熱さではなく熱のエネルギーは毛根まで伝わるので、毛が生えてくるまでの期間も長い。
  • 処理を重ねていくことでどんどん毛が目立ちにくくなる。

 

焼くタイプのデメリット

 

  • あまり広まっていないので情報がすくない。
  • 価格が高い。

 

レーザータイプ

 

サロンの処理のように、色素に反応するレーザーを当てることで、熱で毛根にダメージを与えて、毛を除毛していくものです

 

レーザータイプのメリット

 

処理を重ねることで徐々に、処理の回数が減っていく。

 

レーザータイプのデメリット

 

  • レーザータイプはあててすぐに毛がなくなるというわけではなく、当ててから毛が抜けるまでには1,2週間かかる。
  • 価格は5万から8万と高いために、あまり使われることは少ない。

 

まとめ

 

一般的なシェーバーといえば剃るタイプですが、こんなにいろいろな種類があることは知っていましたか?電化製品のコーナーなんかに、たくさん売っていますし、髭剃りだけでもいろいろな種類があるので、選ぶのが楽しいと思います!買う前にこのページを読んで、自分の目的に合ったものを選んでくださいね♪

 

シェーバーは使い方を間違えると、肌を傷つけてしまったり火傷をしたりと危険なことも考えられますので、シェーバーを使うときには前もって説明書を読んでから使用するようにしましょう。

 

シェーバーはとくに高級なものであれば10万弱ほどするものもありますので、オークションや通販サイトでも安く買えるものであれば、そちらでも良いかもしれませんね^^