除毛は生理時はNO!その理由はコレ!

女性の身体は実に繊細です。それは生理という女性独特の現象があるからです。この時期に除毛ってしてもいいの?と悩んでいる人もあるかも知れません。実は除毛するのは、生理直前や生理中・生理直後も避けた方がいい、というのが答えです。

 

生理の時期はそれでなくても肌の状態は敏感になっています。然も普通の人で約一週間も憂鬱な日が続くのですから尚更です。人間の身体は、どの一部を取って見ても、関連の無い部分というのはありません。心が憂鬱になれば、肌も又憂鬱になるのです。

 

ですから、生理の時期にも如何しても除毛したいというのであれば、生理の時期に如何して除毛を避けた方が良いのか、その理由を知った上で、自己責任で使用することです。使用した結果はあくまでも自己責任ですから、慎重に考えてから除毛に踏み切るようにして下さい。

 

除毛が生理中の肌に与える影響は?

 

女性の生理には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが大きく関わっています。卵胞ホルモンは、コラーゲンの生成を促し、肌の張りや女性らしいボディーラインを作るために重要な役割を果たすホルモンです。

 

一方黄体ホルモンは、妊娠しやすい体を作る為に働くホルモンですが、生理中はこのホルモンの分泌が盛んになります。このホルモンの過剰分泌で皮脂の分泌が促され、むくみや便秘の原因にもなるのです。
黄体ホルモンは、刺激から肌を守る抗菌ペプチドをも減少させるので、肌のバリア機能も低下します。

 

バリア機能とは? 人の皮膚は基本的に紫外線や乾燥、雑菌、ほこりなどの外部刺激から体を守る器官ですが、同時に肌の水分が必要以上に蒸散するのを防ぐ役目も果たします。この働きの事をバリア機能といっています。生理前〜生理中はこの機能が低下する為に肌トラブルが起きやすいのです。

 

※つまり生理時の除毛は、刺激に弱くなっている肌に、更なる刺激を与える為に、避けた方が良いという答えが出て来るという訳です。※

 

上記の様に生理前に除毛を避けたい理由@は、女性の肌が生理前はむくみ易くなっていてる事、つまりちょっとの刺激でも荒れやすくなっている事です。生理の前に生理痛があったりするのも、これから生理が来るという信号であると同時に、精神的にも肉体的にも刺激を避けなさいという合図でもあります。

 

理由そのAは、生理中は貧血気味になりますし、ホルモンの影響などで、肌は通常より刺激に弱くなっています。普段敏感肌でない人が、突然生理中に化粧品かぶれを起こす事があるのもこの所為なのです。いくら肌に優しい商品と言えども、除毛となると肌のダメージを避けられない事が多いからです。

 

まとめ

 

常にツルツルの美肌でいたいというのは誰もが望んでいることですが、ムダ毛に悩む人にとっては、その思いは切実でしょう。だからといって自分の肌事情も考えずに除毛するのは、かえって逆効果です。生理中の敏感な肌には除毛は好ましくありません。

 

そんな悩みを抱えた人にお勧めなのがデリーモ(deleMO)です。この商品は肌に優しくしかも微香性です。その上プレー式から噴射される泡はミクロなので、毛穴まで浸透し、毛根まで根こそぎ除毛するので、除毛と除毛の期間が長く取れます。

 

継続して使用しているうちに、永久脱もに近い状態が維持できる商品でもあります。然もスプレーして5〜10分おいてふき取るだけという手軽さもあります。忙しい人や、生理という厄介現象を持つ女性にはもってこいの除毛アイテムです。公式ページには1本3,980円という安値の情報もあります。

 

商品のもう一つの特徴がスキンケアも兼ねているという点です。使えば使うほど肌のツヤが蘇るという優れものです。※百聞は一見にしかず※といいます。生理中の除毛を上手く乗り切る為にも、一度公式ページをチェックしてみる事をお勧めします。