おしりの毛を除毛するのにいいのは?

除毛処理をしてムダ毛の無いツルツルな素肌を日々目指している方も多いですよね。女性は勿論の事、最近では男性もお洒落や清潔感を出すために除毛処理をする人が増えてきているようです。

 

人の目に触れる可能性が高い腕・脇・足等はしっかりと除毛処理していると思いますが、デリケートゾーンやおしりのムダ毛処理はした事がありますか?いわゆる『VIO』という所です。

 

VラインIラインは比較的自分での処理を行いやすいですが、Oライン、つまりおしりの除毛処理は難しいですし、手を出せていない人も多いのではないでしょうか?

 

今回は男女ともに自己処理が一番大変であろう『おしり』の除毛処理について調べてみましたので、人知れず悩んでいる方の参考になれればと思います。

 

おしり(Oライン)のムダ毛処理が必要な理由って?

女性でも少なからずおしりの周辺に毛が生えている方はいますよね。VIラインよりも何だか恥ずかしい感じがするので処理したいけど、どう処理すれば良いのか分からなくて悩んでいる人も多いのでは?

 

男性ならおしりの毛も男らしさの象徴だから気にしない!という方も一定数いそうですが、衛生面から考えておしりの毛は処理した方が無難です。トイレの大きい方をした後、貴方のおしりはどうなるでしょう。想像したくないでしょうが、想像してみて下さい。

 

おしりの毛が衛生面で心配なのはトイレの問題だけではありません。下着を履きズボンを履き、おしり周りはとても蒸れやすい状況にあります。体調が悪ければ蒸れてカブレる事もありますし、痒みや臭いも発生します。ある程度の処理はしていて損はありませんよ。

おしりのムダ毛処理でベストな方法とは?

@カミソリ

全身の除毛処理で一番活躍しているであろうグッズがカミソリです。既におしりの除毛処理をカミソリで行っている人もいるかもしれませんが、とても危ないのでお勧めは出来ません。

 

表面の毛を剃るだけですからすぐに毛が伸びてしまい、鋭利な切断面がチクチクとおしりを刺してきます。それだけではありません。おしり周辺の処理はただでさえ無理な態勢となってしまう為、カミソリで肌を傷付けてしまう恐れがあります。

A毛抜き・脱毛ワックス

毛抜きも脱毛ワックスも無理して毛を抜くため、強い痛みとおしり周辺の皮膚にダメージを与えてしまいます。おしりは足や腕、脇以上に痛みに敏感だと考えていた方が良いです。

 

他の部位での除毛処理にも言える事ですが、毛抜きはあまりお勧めできません。無理して抜いた事により炎症や埋没毛になってしまう恐れがあるためです。

 

脱毛ワックスでもデリケートゾーンでの使用が可能な商品もあります。ただ、ベタベタしたワックスを均等におしり周辺に塗るのが大変です。痛みに耐えられる自信がある方は、使ってみても良い方法だと思います。

B除毛クリーム

デリケートゾーンでの使用が可能との表記がある、低刺激な除毛クリームのみ使用しましょう。決して敏感な部分に除毛剤が付かないように気を付けて行いましょう。低刺激ではあっても、肌荒れが起きる可能性もあります。しっかりと洗い流してケアしましょう。

 

除毛クリームは完全に脱毛する事は出来ませんが、カミソリよりは長持ちし、毛の切断面も鋭くないので生えてきた時の違和感は軽いと思います。

 

おしり周辺に使用する前にパッチテストだけは行って下さいね。

Cヒートカッター

アンダーヘアの処理に使われるヒートカッターでの処理です。直接肌を傷付けませんし、切断面は丸みを帯びるのでチクチクとした痛みは感じません。肌が敏感な方には良い方法です。

 

ただ、生え際から処理出来る訳ではありませんので、小まめに気にならない長さでカットしていかなければなりません。

Dエステやクリニックでの脱毛

自分での処理に限界を感じたら、専門の人に頼るのも手です。ただ、恥ずかしい部位ですので最初に行くのに勇気が必要だと思います。ですが相手は何人もの施術をしているプロですから、堂々と処理してもらいましょう。

 

永久脱毛が出来るのはクリニックです。少し金額は高いですが、これから先不快な思いをしなくてすむのなら安いと思えるかもしれません。しかし、クリニックで行うレーザー脱毛は強い痛みを伴います。ある程度の覚悟はして行きましょう。

 

痛みに耐える自信は無いけれど、ケアを楽にしたい方はエステでの処理も可能です。ただ、こちらは永久脱毛ではありませんので、注意して下さいね。

 

いかがでしたでしょうか?金銭的に余裕があれば専門店での処理が良いでしょうし、痛みに耐えられる自信があれば脱毛ワックスも良いでしょう。小まめなケアが必要ですが、肌を痛めないのでヒートカッターは誰にでもお勧めできます。

 

ご自身の肌質・毛質・体質等を考慮して、一番行いやすい除毛方法を行ってみて下さいね。