除毛はお風呂場でやっちゃいけない?

除毛処理をする時、皆さんはどのような環境で行っていますか?自分の部屋やお風呂場等が思い浮かぶと思いますが、除毛を行った後の処理がしやすいという理由からお風呂場で行う方が多いと思います。

 

でも本当は、お風呂場での除毛は肌に負担がかかってしまうのはご存知でしたか?ムダ毛の無い綺麗な肌を手に入れる為に除毛をするのに、肌に悪影響を与えて肌荒れを起こしてしまっては本末転倒ですよね。

 

そこで、お風呂場で除毛をするメリットとデメリット。そしてどのように行えば肌に負担なく除毛処理が出来るのかをご紹介したいと思います。正しい除毛の仕方の知識を得て、ムダ毛や肌荒れの無い素肌を手に入れて下さい!

 

お風呂場で除毛を行うメリット

@除毛をしやすいタイミングである

服も脱いで全身の除毛処理がしやすい環境となるお風呂場。家族などの目も気にせず処理が出来ます。

A皮膚とムダ毛が柔らかくなる

お風呂場で行うと、体が温まり皮膚やムダ毛が柔らかくなります。皮膚と毛が柔らかくなる事により、カミソリでの剃り残しを減らす事が出来ます。

B除毛後の処理が簡単

お風呂場での除毛にはボディーソープやシェービングクリームを使う方も多いと思います。お風呂場ならば除毛後にすぐにシャワーで洗い流す事が出来ます。

 

お風呂場で除毛を行うデメリット

@雑菌が繁殖しやすい空間である

お風呂場は高温多湿な空間であるため、雑菌やカビが繁殖しやすいのです。カミソリでの処理は少なからず肌に傷を付けてしまいます。その傷から雑菌が入り、炎症を起こしたり化膿してしまう場合があります。

A濡れた肌での除毛は肌を傷つける

濡れた状態でのカミソリを使っての除毛は肌への負担が大変大きいのです。肌と毛が柔らかくなり除毛しやすくはなりますが、肌の角質を余分に削ってしまう事になるので肌の保護機能が低下してしまい、肌荒れの原因となります。

Bボディーソープで除毛処理をしてしまう

お風呂場での除毛処理にはボディーソープを利用している方も多いですが、避けた方が無難です。ボディーソープは除毛する事を前提として作られた商品では無いので、除毛による肌への負担をカバーは出来ませんし、逆に肌を濡らす事になるので負担は増加します。

 

お風呂場での除毛は『手軽さ』が売りですが、肌を傷付け炎症を起こしたりしてしまいます。では、どのような除毛処理を行えば肌への負担が軽くなるのでしょうか?

 

肌荒れせずにムダ毛処理!正しい除毛の手順をご紹介

  • @除毛を行う部屋を清潔にしておきましょう。カミソリも新しい物を使いましょう。何度も繰り返し使った物では切れ味が悪くなり、除毛効果が落ちるだけではなく肌を傷付けてしまいます。
  • A毛穴を開き皮膚と毛をある程度柔らかくするため、清潔なホットタオルで除毛部位を温めておきましょう。
  • Bシェービングジェルやシェービングクリームをしっかりと塗りましょう。肌への負担を減らすだけではなく、ムダ毛を柔らかくして剃り残しを防ぎます。
  • Cしっかりと剃りたいからといって、逆剃りや2度剃り禁止です。肌を傷付けてしまいます。毛の流れに沿って、1回だけ丁寧に剃りましょう。
  • Dシェービングクリームやジェルに記載のある通りの方法でこれらの薬剤を落としましょう。シャワーを使う時はしっかりと流した後にシャワーを冷水にして毛穴を引き締め、清潔なタオルで優しく拭き取りましょう。清潔な冷やしタオルを使うのも良いです。
  • Eしっかりと化粧水やクリームを塗り、保湿しましょう。除毛処理後に抑毛ローションを使うのもお勧めです。ムダ毛の成長を遅くする効果があるので、除毛処理後の綺麗な肌を長持ちさせられます。

 

除毛処理中も大事ですが、除毛後の肌の管理もとても大切です。この手順を頭に入れて正しく除毛してみて下さいね。

 

カミソリは頻繁に処理しなくてはいけないから面倒だ、という方にはデリーモ(deleMO)という除毛スプレーもお勧めです。

 

毛根から除毛してくれるのに痛みがありませんし、続けていくうちに多くのムダ毛が生えてこなくなりますよ♪簡単に除毛処理がしたい方は是非試してみて下さいね♪