除毛は妊娠中には害がないの?

除毛している人が妊娠をしたとき、一番気になることはこのままお腹が大きくなっていっても、除毛を行った時に母胎に影響はないのかということだと思います。妊娠中はとにかく全てがデリケートになりますし、初めて妊娠中を経験する人ならば何がよくて何がいけないのか分からないのも当然でしょう。ここでは、妊娠中に除毛を行ってもよいかということ、妊娠中の除毛のリスクをご紹介いたします。

 

大切な新しい命のために、気になることは全て解決してかわいい赤ちゃんを産んであげましょう。全ての妊娠中の人が安心できるように、気になることをまとめてみました。

 

【妊娠中に除毛してもOK?】
まず、お腹が大きくても大きくなくても、妊娠をしたら除毛はやめておいた方がよいのでしょうか?結論から言いますと、妊娠をするとホルモンバランスが変わって毛深くなったりいつもよりも肌が敏感になったりしますので、出来ることなら除毛も避けた方がよいです。

 

普段使っていた除毛剤を使ってみようと思って使用した途端に、急に肌に合わなくなって肌が赤く炎症してしまったという話も時々耳にしますので、注意が必要なのです。

 

除毛を行いたいとき

 

それでも女性ならば、基本的なエチケットとして除毛ぐらいはしておきたいと思う人もいるかしれません。特に妊娠中には腕を出して血圧を測ったり採血があったり、お腹が大きくなればお腹を出してエコーを取って貰ったりと、肌を出すことも多くなるからです。

 

どうしても妊娠中にも除毛したいと思った時には、「敏感肌でも使える除毛剤」を選ぶことが大切です。また、いま使用している除毛剤が妊娠中でも使用できるのかということが、除毛に関しての記載事項の中に入っているはずなので、その説明書で確認をし、問題なく使えるというものであったなら使用をしてみるとよいでしょう。

 

肌が荒れてしまった時は?

 

肌に優しく、妊娠中でも使ってOKという除毛剤を使用してみても肌が荒れてしまった時には、かかりつけの産婦人科の先生に診てもらうことをおすすめします。痛みやかゆみ止めも、妊娠中には使用出来る塗り薬と出来ない塗り薬がありますので、自己判断で自宅にある薬を塗ってみるということは行わない方がよいです。

 

必ずかかりつけの先生に肌が荒れてしまった場所を見せて、薬を処方してもらうようにしましょう。また、肌あれだけでは産婦人科へ行きにくいという人は皮膚科で妊娠中だということを伝えて薬を貰うことをおすすめします。

 

まとめ

 

除毛にかんすることで、妊娠中には除毛してもよいかという問題があります。妊娠中には肌が普段よりもデリケートになるため、出来ることなら使用は避けた方がよいです。しかし、どうしても除毛がしたいと思うのならば、妊娠中でも使用してOKだという除毛剤を探して使いましょう。

 

デリーモという除毛剤なら、妊娠中でも使用が出来る優しい成分になっているし、スプレータイプなのでお腹が大きくなってきても手軽に使うことができますよ!