除毛石鹸が脱帽する優れ物はコレ!

今除毛石鹸が出回って話題になっていますが、単純に考えて見ただけでも、石鹸で除毛?大丈夫なの?肌荒れしない?と思っちゃいませんか?石鹸のイメージとしては、手足や体・顔などの汚れを落とすものであって、ムダ毛を洗い流せるなんて、【ありえなーい!】からです。

 

ところが実際には、除毛石鹸と銘打って、多くのメーカーが商売合戦を繰り広げています。一方では「食べられる石鹸」なる物も出現しているとか、正に何でもありの世の中ですが、石鹸というイメージは実に身近です。この身近な石鹸イメージと除毛が結びついたのは、そんなに唐突とも思えません。

 

日常の中で当たり前に使っている石鹸で、ムダ毛という邪魔者を排除しようという発想は、IPS発見が今や実用化に向けて進化している現代では、それほど驚くべきことでは無くなっています。しかしその除毛石鹸が、本当に除毛効果があるかどうか?となると話は別です。

 

電王戦でコンピューター頭脳が、プロ棋士に勝った事が、一時話題になりましたが、実はその事で、プロ棋士の頭脳の凄さが分ったともいわれています。つまりプロ棋士の視点や思考方法を組み込み、過去にプロが残した膨大な棋譜を基に、コンピューター頭脳が作られていたからです。

 

その後再度の挑戦で、コンピューター頭脳はプロ棋士に負けました。「餅は餅屋」という言葉がありますが、何ごとに於いても他の分野が、専門分野の能力・機能を越える事はなかなか出来ないぞ!という証明みたいなものだと感じた話題でもありました。

 

そんな中除毛石鹸で本当に除毛効果があるのか?という議論で引き合いに出されるのが、デリーモ(deleMO)というスプレー式の除毛剤です。除毛石鹸はデリーモ(deleMO)のような、除毛分野の専門商品を越えられるのか?それはかなり難しいというのが一般的な見解です。

 

除毛石鹸とデリーモ(deleMO)の違い

 

今話題の除毛石鹸の内、上位3商品の成分を調べて見ましたが、これ等商品の中には、除毛に顕著に効果を発揮する成分の明記はありませんが、抑毛効果のある豆乳発酵液、ラレアディバリカタ葉エキス、ブロメラインなどは、3商品とも含有されていました。

 

一方デリーモ(deleMO)は、厚生労働省公認の除毛有効成分のチオグリコール酸カルシウム(精製除毛成分)が配合されている、歴とした医薬部外品です。脱毛とは毛根を根こそぎにすることです。中には脱毛石鹸と謳っている物もありますが、実際は脱毛でも除毛でもなく、抑毛効果だけなのが殆どです。

 

デリーモ(deleMO)はスプレー式ですし、然もその泡は浸透性の高いミクロ状態で噴射されます。永久脱毛迄は無理ですが、瞬時に毛根まで液が浸透し、毛根を浮き上がらせます。そして何より、天然由来の美肌成分の含有で、継続使用でも肌を傷めることなく除毛してくれる利点があります。

 

スプレー式ですから、スペース確保の必要もなく、用意する小物も要らず、手軽にいつでもどこでもシュッとできる便利さもります。更にデリーモ(deleMO)が話題になっているのは、精製除毛成分の他に含有しているスキンケア成分の評判です。

 

除毛石鹸も勿論、直に肌に使用するものですから、なるべく肌にダメージを与えない工夫はされていますが、それだけに除毛という本来の目的効果は低くなっています。肌を露出するファッションの普及で、ムダ毛程ムダで目障りなものはなく、スッキリバッチリ除毛したい悩みは結構深刻です。

 

※そのニーズに安全・安心に応えられるのは、デリーモ(deleMO)の様に、端から除毛という分野だけを研究・追求しながらも、継続使用にもしっかり耐えられる肌研究も抜かりない、使う側に優しい商品ではないでしょうか?※

 

まとめ

 

食べ物が豊かになり、食文化も欧米化した所為なのか、体型体質が欧米化した所為なのか、日本人のムダ毛に対する悩みも欧米化している感のある昨今です。そんな中で、除毛出来る石鹸の登場は、少なからず斬新ではありました。

 

然し本来の目的である除毛に関しては、除毛石鹸の効果は「いまいち」という感はあります。本当に真剣に除毛したい人には、やはりデリーモ(deleMO)をお勧めします。除毛ばかりでなく、使えば使う程アロエエキス、天然コラーゲン、カモミラエキスが、肌を保護しスキンケアもして呉れるからです。

 

デリーモ(deleMO)のホームページでは今、先着300名様限定価格5,000円(通常)→3,980円(税抜き)をキャンペーン中ですが、話題沸騰中で予約販売になっている状態です。まとめ買いコースでは、2個セット10,000円→7,960円、3個セット15,000円→11,940円です。早めにチェックしてみましょう!