除毛した時に出る肌荒れは何が原因?

除毛をしている人なら、一度は肌荒れをしてしまった経験があるという人は多いのではないでしょうか。肌荒れとまではいかなくても、除毛をしていたらちょっと肌がヒリヒリとしてしまったという経験はありませんか?除毛に関することで肌荒れの悩みを持っている人は結構多くいらっしゃるということは事実のようです。

 

多かれ少なかれ、一度は除毛での肌荒れを経験したことがあるという人の為に、除毛によって起こってしまう肌荒れの原因をご紹介いたします。

 

除毛した後の肌荒れは何が原因?

 

これから夏にかけて素足を見せる機会が増えてきますね。そうするとやはり頻繁に行わなくてはいけないことが除毛です。でも、除毛をせっかくしてもブツブツとした痛しい肌を露出するのもまた恥ずかしくて嫌ですよね。

 

このブツブツとした肌荒れはどうして起こっているのでしょうか?これは、私達が除毛をすることによって、いつもならむだ毛でバリアされていた細菌が毛穴に入り安くなってしまったため、細菌感染を起こしている証拠なのです。

 

また、このブツブツとした細菌感染の症状が悪化してしまうと、その感染した部分だけ色素沈着を起こしかねませんので注意が必要です。

 

肌荒れした皮膚はいつ治るの?

 

もしも肌荒れをしてしまった場合は、いつ頃症状が引いていくのでしょうか?これにはもちろん個人差はありますが、大体の目安になるものはあります。

 

肌荒れでブツブツした症状を起こしてしまった場合には、大体早い人では2〜3日で元の皮膚の状態へと戻っていきます。遅い人でも一週間すれば元の皮膚の状態に戻り、何ヶ月もそのまま治らないという人はほとんどいません。

 

除毛で肌荒れさせないためには?

 

除毛をした時に肌荒れを極力控える方法としては、出来るだけ除毛をした後に美容液などで肌や毛穴へのダメージを極力少なくしておくということが大切です。除毛を行った後の皮膚というものは、とても乾燥しているため、そのまま放置をすると乾燥が進んで潤いがなくなり、細菌が入りやすくなってしまいます。

 

細菌が入りやすくならないためにも、除毛を行った後はなるべく早く皮膚に栄養と潤いを与えてあげることが大切なのです。これをするだけでも除毛した後の肌の状態はかなり改善されるはずです。

 

まとめ

 

除毛に関することで、除毛をした時の肌荒れは、細菌感染が原因だということが分かりました。除毛をすると、皮膚の乾燥が進むため細菌が侵入しやすくなるので、出来るだけ早めに美容液などで除毛した所の皮膚に潤いと栄養を与えておくのが、肌荒れを対策する方法です。

 

でも、除毛するとかなり広範囲で美容液をつけなくてはいけないから除毛専用の美容液まで買っていられないという人もいるでしょう。そんな時には、「デリーモ」という除毛剤を使ってみてください。この除毛剤の中には、初めから美容液成分がかなり沢山入っているため除毛をした後にわざわざ美容液を塗る手間が省けるはずです。