脱毛は生理中しない方がいい?

脱毛する女性が最近増えています。脱毛サロンもたくさんあり、予約をとるのも難しい場合もあります。せっかく予約をしても生理になってしまって、どうしようという場合もありますよね。生理中でも脱毛をしても大丈夫なのでしょうか?それとも生理中はやめておいた方がいいのでしょうか。

 

生理中の脱毛を避けた方がいい理由

 

生理のときは、脱毛をしない方がいいのでしょうか?

 

結論は、NOです。脱毛サロンでは、デリケートゾーンなどの脱毛には経血が出ますので、施術を断るところがほとんどです。デリケートゾーン以外であっても、生理中というのは、ホルモンのバランスが崩れやすいので、肌や体が不調になりやすいです。そのため、生理中は、できるだけ脱毛をするのは避けましょう。

 

生理中には、どのような肌の変化があって、生理中に脱毛をするのは何故ダメなのでしょうか?

 

女性のホルモンのバランスというのは生理の周期によって、常に変化をしています。生理前から生理中というのは、特に肌荒れや肌のトラブルを起こしやすくするので、脱毛をすると、その刺激で、肌のトラブルが起きてしまったり、脱毛の効果が下がってしまいます。生理中の脱毛は推奨されていません。

 

脱毛するといい時期は?

 

生理中は、脱毛をしない方がいいです。では、いつ脱毛をするのが効果的なのでしょうか?脱毛の効果もあって、肌のトラブルを起こさないのは、いつなのでしょうか?

 

生理の周期には、生理中、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分かれています。この中で、脱毛するといい時期というのは、卵胞期です。卵胞期というのは、生理が終了してから排卵日までの間のことで、だいたい4〜6日間続きます。

 

この卵胞期は、エストロゲンの分泌が一番増える期間です。美肌効果があり、ダイエットの効果が最も期待できる時期なのです。一番コンディションがいい時期なので、脱毛に適しています。

 

次に適しているのは、排卵期です。1週間くらい続きます。腰痛や肩こり、頭痛などの症状がある人もいますので、できれば卵胞期にしましょう。

 

卵胞期に予約がとれないようなら、排卵期がいいです。ホルモンバランスが安定していますので、他の時期よりはおすすめです。皮脂の分泌も増えますので、保湿効果も期待できます。無理をすると体調を崩すので、無理をしないように、ストレスをためないようにしましょう。

 

黄体期と、月経期は、脱毛をするのは避けましょう。ホルモンバランスが崩れて、肌のトラブルになりやすい時期です。

 

家庭用の脱毛器の場合でも、出来れば生理中は避けましょう。生理中に脱毛してしまった時には、保湿をしましょう。クリームを使ったり、スキンケア用品でケアしましょう。生理中は、肌が敏感です。使い慣れたケア用品を使ってください。

 

生理周期のアプリも今出ていますので、卵胞期から排卵期を狙って脱毛をしましょう。

 

今、話題のデリーモ(deleMO)は、脱毛スプレーで気軽に使えて便利です。サロン並みの効果が得られますので、とてもおすすめです。デリーモ(deleMO)も同じように、生理中の使用は控えるようにして下さい。