脱毛前後の飲酒はNG?

エステやサロンでの脱毛の際、いろいろな注意事項がありませんか?脱毛の前後の飲酒はどうなのでしょうか?飲酒したって、脱毛する箇所には関係ないと思っていませんか?また自己処理の脱毛や除毛のときにも、飲酒する前後では注意しなくてはいけないことがあるのでしょうか?脱毛と飲酒に関することについて、ご説明します!

 

エステやサロンでの脱毛について

まずエステやサロンでの脱毛ではいろいろと決められていることがあります。妊娠中、ブライダルを控えている人、けがをしている人、身体に金属がはいっている人など、いろいろと気を付けなければならないことがありますが、なぜそこに飲酒も入ってくるのでしょうか?

 

光やレーザーを肌にあてることで脱毛をしていますが、この光やレーザーというのは予想以上に肌に刺激を与えています。脱毛後、エステやサロンではローションやミルクなどを塗ってくれると思いますが、これはその肌への刺激から、肌をケアしているため、守るために塗ってくれています。

 

飲酒すると顔が赤くなる人がいますよね。こういう人は見える症状が強いために赤くなっていますが、肌が赤くならない人でもからだのなかはかなり飲酒によって変化しています。具体的には、お酒を飲むことによって体温が上昇しています。

 

体温が上昇すると肌はかゆみをおびることがあります。つまり飲酒することで肌がかゆくなり、意識もはっきりしていないために気が付いたらケガしていた、肌が傷ついていたという場合もあります。無意識にどこかにぶつけたり、自分の爪でかいたあとが残りやすくなっていたりするんです。

 

また脱毛日には、激しい運動、入浴なども避けるように言われるはずです。これも体温を上げる行為ですね。また体温を上げるというわけではありませんが、特に注意しなければならないのは日焼けです。肌に余計なダメージをあたえることは脱毛や除毛の効果を薄めるだけでなく肌に跡が残りやすくなって痣のようになる人もいるそうです。

自己処理でも飲酒は控えた方が良いの?

自己処理での飲酒について、いちばん気を付けてほしいのは家庭用脱毛器です。これも光やレーザータイプがあり、エステやサロンのような効果を持っています。飲酒してしばらく時間がたっていたとしても、その日は避け、肌が弱いという人は次の日も控えた方が良いかもしれませんね。

 

またカミソリだから、毛抜きだから大丈夫というわけでもないです。飲酒していれば酔っぱらっているという感覚はなくても多少はアルコールを摂取しているので、正常な判断ができなくなっているひと、手元が狂う、思うように指先が動かないという人もいます。飲酒=酔っ払いというわけではないですが、安全のためにもやめましょう。

 

またカミソリや毛抜きでも肌にとっては負担になります。毛抜きやカミソリで自己処理したあと肌がかゆくなるという経験はありませんか?飲酒したあとだとそれがもっと増します。かいてしまうと体温が上昇しているため出血もしやすく危険なので、やめましょう!