陰部の脱毛ってみんなどうしてます?

陰部の脱毛といえば恥ずかしくて周りに言えない・・・陰部の脱毛については友人にも相談できない・・・という気持ちがありませんか?

 

現在では当たり前になってきていますが、だれにも相談できずに陰部の脱毛は自分でやっているという人は多いと思います。今回は陰部の脱毛に関するアレコレ、まとめてご紹介したいと思います。気になる人はチェック!!

 

陰部の脱毛、どのくらいの人がやっているの?

だいたい、女性であれば9割の人が陰部の脱毛や除毛を行っています。9割というのは20代以降の女性のお話です。ある調査によると20代以降の女性の9割は自己処理やエステなどなにかしらの方法で陰部の脱毛・除毛を行ったことがあるそうです。

 

デリケートな問題ではありますが、ネットで検索して自分で処理している、エステに行くのは恥ずかしい、お金がない、エステでしっかりとした知識を持った人に処理してもらっている、などです。エステに行くにしても、自己処理はしていかないといけないというところが多いみたいですね。

「VIO」ってなんなの?

よく、女性の陰部の脱毛や除毛で使われる言葉である「VIO」。これは、それぞれVライン、Iライン、Oラインを示します。Vラインはビキニラインともよばれる、いわゆるVゾーンの脱毛・除毛のことです。Iラインはまたのつけね、粘膜のあたりまでを指します。Oラインはヒップの穴周りのことをさしています。

 

だいたい、VIOというのはセットになって脱毛や除毛をすることが多いので、こう呼ばれるようになったそうです。エステやサロンによっては「ハイジニーナ」「アンダーヘア」と呼ばれることもあります。

陰部の脱毛や除毛はしていない方がおかしい?

「おかしい」ということはありませんが、いまの時代では陰部の脱毛・除毛をしている人がほとんどなのでもしかすると、男性に驚かれることもあるかもしれませんね。男性はあまり気にしないという人もいますが、綺麗に処理されている方がやはり良いようです。

 

年頃になってくると気になることだと思いますが、脱毛や除毛自体が恥ずかしいことではないので、気にしすぎることはないと思いますよ^^

はさみで処理するのは変?

変というわけではないですね。何割かの女性ははさみだけで処理している人もいるそうですから。しかし下着からチクチクはみ出したり、間違って肌を傷つける可能性があったりとあまり安全ではないようです。またIラインやOラインははさみではどうも処理できませんので、あまりふさわしくはないかもしれませんね。

自己処理はなにで行うのがふつう?

一般的には、カミソリ・毛ぬきですね。しかし陰部は思っている以上に肌が薄く、デリケートで荒れやすい箇所です。カミソリや毛抜きで長年処理を続けると肌の黒ずみにもつながりますし、肌はどんどん傷んでいきます。

 

エステでしっかり処置してもらうのが良いですが、エステやサロンでの陰部の脱毛にはかなりの金額がかかります。何万、十何万という単位でかかってくるので、やはり自己処理が良いという場合にはカミソリや毛抜きではなく、おすすめはデリーモなどの専用ケア商品ですね。